HIV検査相談マップ 全国HIV/エイズ検査・相談窓口情報サイト

研究班のご紹介

このページでは、当サイトを運営する、厚生労働科学研究費補助金エイズ対策政策研究事業「男性同性間のHIV感染予防対策とその介入効果の評価に関する研究」班のご紹介をします。

研究内容の紹介

当研究班は、男性と性行為をする男性(MSM)に向けたHIV感染予防対策やHIV検査の機会拡大を図るため、予防啓発介入モデルの開発や全国7地域にあるコミュニティベース団体(CBO)と連携した予防啓発活動、保健所等HIV検査の活用や実態把握、また、近年利用数が増加している郵送検査に関する課題等について検討します。

具体的には、下記の項目の研究を行います。

  • (研究1) 東北、東京、東海、近畿、中四国、九州、沖縄の7地域のCBOの啓発活動、商業施設や自治体の連携状況を評価します。
  • (研究2) HIV陽性者の感染判明前の予防行動、検査行動への影響要因、検査機関選択理由、啓発資材との接点等を把握し、新たな啓発方法を検討します。
  • (研究3) MSMの予防行動、検査行動、地域間移動に伴う性行動等を評価します。
  • (研究4) 商業施設を利用し始めるMSMへの予防啓発モデルを開発し効果を評価します。
  • (研究5) 増加傾向にあるMSM層(地方、若年層、外国籍)の特性を把握し対策課題を検討します。
  • (研究6) HIV検査・相談マップのMSMへの広報と保健所等のHIV検査受検機会拡大を検討します。
  • (研究7) 保健所等の検査体制の評価・改善、MSMの受検動向を検討します。
  • (研究8) 郵送検査の課題である精度管理、相談・医療連携のガイドラインを検討します。

研究員のご紹介

研究代表者

市川 誠一

所属 人間環境大学大学院看護学研究科
担当研究課題 (1)研究総括
(2)CBOの予防啓発活動と商業施設および自治体との連携に関する研究
(3)エイズ発生動向に基づくMSM層(地方、若年層、滞日外国人)に関する研究

研究分担者

健山 正男

所属 国立大学法人琉球大学大学院医学研究科感染病態制御学講座分子病態感染症学分野
担当研究課題 男性同性間性的接触によるHIV陽性者の予防啓発との接点および早期検査・受診に関する研究

金子 典代

所属 公立大学法人名古屋市立大学看護学部
担当研究課題 (1)MSM及びゲイ・バイセクシュアル男性を対象とした地域間比較
(2)男性同性間性的接触によるHIV陽性者の予防啓発との接点および早期検査・受診に関する研究

本間 隆之

所属 公立大学法人山梨県立大学看護学部
担当研究課題 (1)MSM及びゲイ・バイセクシュアル男性を対象とした地域間比較
(2)エイズ発生動向に基づくMSM層(地方、若年層、滞日外国人)に関する研究

塩野 徳史

所属 公立大学法人名古屋市立大学看護学部
担当研究課題 (1)商業施設を利用しはじめる若年層MSMを対象とした予防啓発介入の開発と効果評価
(2)エイズ発生動向に基づくMSM層(地方、若年層、滞日外国人)に関する研究

佐野 貴子

所属 神奈川県衛生研究所 微生物部
担当研究課題 HIV検査・相談マップを用いたHIV検査相談施設の情報提供と利用状況の解析

今井 光信

所属 田園調布学園大学
担当研究課題 保健所等におけるHIV検査相談に関する全国調査

木村 哲

所属 東京医療保健大学
担当研究課題 HIV郵送検査の在り方とその有効活用に関する研究